「老眼鏡の新しいスタンダード、フロート」

BLOG

TOP > BLOG

FLOAT 2019年も宜しくお願いします

2019.01.05

7

新年あけましておめでとうございます。
FLOATの祈願も兼ねて年初めは越前富士こと日野山へ行ってきました。

登れば一気に銀世界

6

頂上の鳥居も雪がたっぷり

2

晴天にも恵まれ最高でした。

1

5

新型のテストも兼ねての良い山行でした。
早くも今年が楽しみになっています。

本年もどうぞFLOATを宜しくお願い致します。

Mt.Yashagaike ~偏光サングラスとは~

2018.10.01

DSC03311

夜叉が池山レポート

福井の里山を時間を見つけては登ってます。
サングラスを掛け比べたりしながら歩いてます。

FLOAT URBAN GALAXYはすべてのレンズが偏光機能がついています。
偏光ってなに??とよく展示会とかイベントで聞かれるのですが、
簡単に説明すると下の写真
DSC03286

偏光サングラスは乱反射光を視界に通さず、目に対してまっすぐな光だけを届けてくれます。
自然界のあらゆる物に光は反射しています。いろんな角度へ光が散乱しながら反射することを乱反射と言います。
その乱反射が葉を白っぽく見せたりするのです。
その乱反射を取り除くと、真の対象物が見えるというわけです。
特に分かりやすいのが水面。水面は乱反射の塊です。写真のように乱反射を取り除くと湖底が見えます。ということは、海で大活躍するんです。釣りをされる方が偏光サングラスの事を良く知っているのはそのためです。色付いたサングラスをすると視界が悪くなると思われがちですが、偏光サングラスに限ってはそんなに暗く感じません。裸眼よりも緑をより感じれるほどです。以上が偏光機能の原理となります。



続いてお話ししたいのは偏光ブラウンレンズについて
DSC03333
登った日は若干の曇りでした。
とは言っても紫外線は強いものです。
そんな日は偏光ライトレンズをお勧めしています。

グレーレンズはナチュラル色と言われ、
ブラウンレンズの視界は少し赤み掛かります。が、コントラストはその分上がります。
レンズ越しの緑が濃いの分かるでしょうか?
グレーレンズももちろんコントラストは上がりますがブラウンレンズはそれ以上です。
緑が好きな自分にとっては、たとえ天気が悪くてもこれだけで気分が上がります。
このレンズで紅葉を見ることが今からとても楽しみです^^


DSC03341
帰り道にトチの木の看板!
登ってみると大きな幹に大きな葉をつけたトチの木が。
ぜひ現地で見てみてください^^

Mt.YAKUSHI ~透過率とは~

2018.06.25

1.DSC02744薬師岳

折立から入り、迂回するような長いルートで頂上まで。
まだ少しだけ雪が残っていて、いろいろな景色を楽しめました。

今日は透過率のお話です。
サングラスレンズには濃いレンズから薄いレンズまでいろいろな濃淡のレンズがあります。

レンズ濃淡を表しているのが可視光線透過率と言うものです。「かしこうせんとうかりつ」と呼びます。漢字だらけで難しく感じますが色の濃淡を%で表しています。光をどれだけ通すかの数値化で、%が高いほどレンズは薄く、%が低いほどレンズは濃くなります。
濃いレンズほど紫外線をカットしていると思われがちですが、多くの人が持っている間違った認識です。
紫外線はレンズが濃かろうが薄かろうがほぼ100%カットしています。濃淡で変わるものは眩しさです。目を細めなくてもいいように使うのが本来のサングラスの役目です。

1.DSC02776
雪も部分的にしっかり残ってました。
照り返しが強く眩しいので濃いレンズに変えました。

1.DSC02923
FLOATならではのおすすめの使い方として、レンズ色の違うフレームを一緒に持って行きます。
こんな風に腕はワンセットですんじゃいます!

光が所々差し込むような樹林帯ではレンズカラーが薄い(透過率の高い)SHARON NAVYを使い、
森林限界を超えた日差しが強い場所ではレンズカラーが濃い(透過率の低い)Hiker’s GAIAを使いました。

樹林帯においてでも偏光ライトレンズなら掛けたままいられて、単調な登りも景色が良くなり気分も上がります^^

FLOAT URBAN GALAXYでは
ライトレンズ 30%前後 (曇りや樹林帯、低山域におすすめ)
スタンダードレンズ 15%前後 (晴れた日)
ミラーレンズ 11%前後 (雪面や海面、日差しが特に強い日におすすめ)
の商品をそろえています。

用途、気候に合わせて選んでみてください。

 

Mt.HAKUSAN ~目の知識~

2017.09.15

1DSC00972

先日白山登ってきました。
天気が良く、気温も涼しく最高なコンディション^^

半分までは景色は所々で上りに集中ですが、、、

1DSC01020

上の方まで来るとこの景色が待ってます!

DSC00983

高山植物は決してお花は大きくありませんが、
それがなんか凛々しくもあり綺麗ですね。

1DSC00964

日帰りなので、荷物も軽くこんなもんで十分ですね

1DSC01043

登頂! 日差しが強いのでサングラスは必須です。

1IMG_1064

ちょっと汚くてすみませんが、2週間程たってから日焼けのせいで皮がむけてきました。
新陳代謝の証ですね。

ここからやっとメガネの話。。。
上の写真のように基本的に人の体は全身、内臓、骨まで新陳代謝を繰り返し新しい細胞へと生まれ変わっていきます。
皮膚であれば新しい細胞が内側から外側へと押しやり、古い細胞は垢となって落ちていきます。
ところがです、、、目の水晶体の場合は違うのです。
古い細胞は内側へと押しやられいつまでも残ります。
その結果水晶体が硬くなり弾力性を失い加齢と共に老眼となっていくわけです。
また硬くなることにより栄養が届きにくくなり酸化変性おこし白内障にも繋がります。

ご注意頂きたい、知って頂きたいのはその速度を速めるのが紫外線なんです。

登山のときは最低でも紫外線カットのサングラス、メガネを必ず掛けましょう。
FLOAT URBAN GALAXYなら偏光レンズ搭載ですので同時に景色をより綺麗に楽しめますよ。

紫外線は都市部でさえ強いのに、山、海、雪面などは更に数倍強く照射します。
そんな環境下で目を無防備にしないで下さい。

FLOATがなぜ老眼鏡ブランドとして始まったのにサングラスもやっているのか。
いろんな理由やきっかけはありますが全て目のために繋がる事は間違いありません。

今回のお話は、目、紫外線の知識としてお役に立てれば幸いです。

Hiker’s Gaia 2nd 登場

2017.04.17

hiker's gaia 2nd

FLOAT URBAN GALAXY よりHiker’s Gaia 2ndの登場です。

前作との違いはHiker’s Depotさんによるテンプルのライム別注色が
アクティブテンプルのライム別注色となりました。

昨年より発売しているアクティブテンプルですが、
スタンダートテンプルに比べホールド性を上げ、
より激しい動きにも追随するように設計しました。
また完全防水にしたことにより海、川での水場使用が可能。
活躍の場がさらに増える事を目的としています。

写真はウェブでは使われなかったオフショット。
この写真も気に入っていたのでこちらで上げさせて頂きました。
撮影協力頂いたD・Uさん、その節はありがとうございました!

先日のOFF THE GRIDで先行発売しましたが、この商品の人気には驚いています。
フレームはGAIAの別注色なのですがHiker’s Depotさんと「この枠色いいよね」って即決だったのを思い出します^ ^ 
初回版が完売したので、次回作をどう変えようか考えたのですが、
せっかくの人気商品を必要以上に変えるのは勿体ないからと、
今回のアクティブテンプルのライム案で皆さんと意見が合致しました。

これからサングラスがますます必要となる時期に間に合って良かったです^^

サングラスが苦手な方でもこちらのモデルは本当に掛けやすいです。
もちろん普段使いとしても活躍しますよ。
偏光サングラスの初めての一本として手に取って頂けたら幸いです。
掛け心地、クリアな視界、顔馴染み、どれをとってもご満足いただけると思います。

Hiker’s Gaia フルセットお奨めさせて頂きます。

HANG OUTに参加 from FLOAT URBAN GALAXY

2016.10.06

 logo_top

FLOAT URBAN GALAXYがHANGOUTに参加します。
イベントならではの体験型ブースです。
FLOATを実際に手で触って、掛けてみてください。

開催日時:2016年10月15日(土)・16日(日)9時~16時

参加費:無料(各ブースでの開催イベントによっては別途参加費が必要です)
主催:HANGOUT 実行委員会
後援:新城スポーツツーリズム推進実行委員会
会場:愛知県民の森(愛知県新城市門谷鳳来寺 門谷鳳来寺7-60)

また10月16日(日)は、同じ会場で2つのイベントが同時開催される。
その名も『DA MONDE TRAIL / ダモンデトレイル』。

WILDBOAR 30K-URBAN GALAXY POLARIZED-

2016.08.29

IMG_6053

WILD BOAR 30Kに参加して来ました。

トレイルランを十分に楽しめるようにと、
中辻氏が考えたコースはかなりハードでした!

あいにくの曇り、雨でサングラスは必要なかったけど、
走るには多少の雨が気持ちいいぐらい。
レース初参加の自分にはちょうど良かったです。

IMG_6024

IMG_6023

カメラ向けるとポーズをとってくれた選手
余裕ですね^^

IMG_6034

個人的には緑のカーテンをかき分けて進むこんなポイントが気持ち良かったです。

ACTIVE TEMPLE from Urban Galaxy

2016.07.13

 アクティブTPL-1アクティブNOSEPAD-裏-G

7月1日より発売のアクティブテンプル。

これまでのスタンダードテンプルとの違いはグリップ力です。
インサイドラバー構造にしたことにより滑りにくくしたのと、
テンプルエンドに滑り止めの膨らみを付けました。
トレイルランなど、よりハードに使う方へ向けて開発しました。

また、同時に開発したアクティブノースパッド。
スリットを入れる事により衝撃を吸収し、ランニングでもぶれる事がありません。

また今回のアクティブテンプルは
完全防水にしたことによってシーカヤックなど海での使用にも耐えれます。

過酷な環境においてこそ必要なサングラス
過酷な環境だからこそ見える絶景を偏光レンズを通して見て欲しい。

アクティブテンプルのテスト映像。
obama中辻氏に協力してもらいました。

NEW MODEL ASTRA from URBAN GALAXY

2016.07.04

ASTRA BLACK-ACTIVE_BLACK ASTRA GRAY-ACTIVE_GRAY

 


NEW MODEL ASTRA from URBAN GALAXY

ギャラクシーシリーズに新製品が登場です。
アストラ ブラック/シルバーミラー
アストラ グレー/グリーンミラー の2色展開です。

ASTRAは偏光レンズ+ミラーレンズでスポーティな印象になっています。
フレーム天地幅も小さ目でランニングなどの際も邪魔になりません。

また新たに開発したアクティブテンプル、アクティブノースパッドも同時発売。

日差しの強い季節になって来ましたね。

裸眼でのアウトドアアクティビティは目にも疲労が蓄積します。
また日焼け対策にもなるサングラス、目からしっかり保護しましょう!

若狭路トレイルランに出展しました

2015.10.27

DSC07544

雄大な自然の中を駆け巡る若狭路トレイルランに出展して来ました。


DSC07513 DSC07526

早朝から多くの競技者たちが若狭町に集結しました。
スタートの時の雰囲気がとてもよかったです^^

当日は風も強く、肌寒かったですが、
競技者にとってはそのぐらいの方がちょうど良いようです。

DSC07547

ALTRAシューズさんの隣にテント張らせて頂きました。
http://altrazerodrop.jp/index.html

ALTRAのT様いろいろお話頂きありがとうございました!!

DSC07553

何名かが既にFLOATを掛けていてくれて感激しました!
この掛け心地、軽さを今後も伝えて行きたいと思います^^

FLOAT アーバンギャラクシー 偏光サングラス
視界が本当に見事にクリアになります!
競技のお役に立てるよう頑張ります。
http://www.float-glasses.com/urban-galaxy-sunglasses/

トップに戻る