「老眼鏡の新しいスタンダード、フロート」

MEDIA

TOP > MEDIA > 新型「VEGA」がGO OUTに掲載

新型「VEGA」がGO OUTに掲載

2019.06.04

 GO OUT2

特集アウトドアショップ案内Hiker’s Depotさんのページにて新型「VEGA」を掲載して頂きました。
Hiker’s DepotさんはFLOAT初のコラボモデル「Hiker’s GAIA」を作ったショップさんになります。
サングラスシリーズURBAN GALAXY立ち上がり当初にいち早くFLOATを導入してくださり、
FLOATの可能性を広げてくれたショップです。

実は当初FLOATは偏光レンズを採用していませんでした。
偏光レンズは高価で、その分サングラス価格が高くなってしまうと販売が難しくなってしまいます。
それでも偏光レンズが欲しいとデポさんのH氏に懇願され「Hiker’s GAIA(偏光サングラス)」が産まれました。

当時の私の認識では偏光グラスは釣りをする人にしか認知されておらず、
たとえアウトドアでも必要とする人がどれぐらいいるか疑問でした。
しかし、Hiker’s GAIAが発売され、その人気ぶりに私の疑問は一瞬で吹き飛ばされ、
その後、全モデルを偏光レンズに変えることになったのです(笑)

と、いうのも、FLOATで採用している偏光レンズが確かなものだからでもあります。
どうも私が今まで掛けたことがあった偏光グラスは正直そこまでの良いレンズでなかったようです。
サングラスを作り続けてきたのに正直情けない話です。。。
デポさんの別注ともあって良いレンズを探したことも事実ではあります。

良いレンズは釣り(水面)に限らず、
日常、山、森の中でもしっかりクリアな視界を体感できるのです。

乱反射、雑光が取り除かれた視界は、葉や木の輪郭がスッキリ見えて、
レンズ越しの緑なのに、裸眼よりも鮮やかに感じるのです。

Hiker’s GAIAが出来た時、いつでもどこでもそればかりを掛けていた自分を思い出します。

サングラス価格はとてもバラツキが大きく、
偏光レンズ採用のFLOATを安く感じる方が多い反面、高く感じる方も多いようです。
お安い偏光サングラスも実際ございますが、
そちらのレンズ原価の数倍もする偏光レンズをFLOATは採用しています。
プラスAR(アンチリフレクション)コートも施し、クリアな視界をお約束しています。

ハイブランドの高級偏光サングラスの前にエントリーとしてお使い頂いても結構です。
偏光レンズの世界、クリアな視界をぜひ知って欲しい、それが今では私の願いです。
視界が変わるだけでなく、乱反射を取り除くことで、余計な雑光が侵入しないので目の疲れも軽減されます。

雑誌で掲載されたVEGAは廃番モデルLUNAの後継モデルとなります。
大ぶりなスクエアシェイプは、紫外線をより意識される方、またお顔が少し大きめの方にお勧めしています。

FLOATのラインナップ、やっとサイズがいろいろと揃ってきましたので、
新型、旧型問わず、お顔に合う形をぜひ探してみてください。

Hiker’s Depotさんではラインナップが増えた今でも全種類ご用意してくれています。
お近くの方はぜひお店まで足を運んでみてください。
経験豊かな素敵なスタッフさん達がしっかり対応してくれます。

メディアには決して積極的ではないデポさんですが、
今回の「GO OUT」私にとってはとても嬉しかったです。

いつもありがとうございます。

LATEST TOPICS

ARCHIVES

トップに戻る