「老眼鏡の新しいスタンダード、フロート」

BLOG

TOP > BLOG

スウェーデンからのお便り FLOATER Vol.43

2018.02.16

今日のFLOATERはスウェーデンのお客様からです。
Leister夫妻より素敵なお写真頂きました。

1年前に日本でご購入頂き、とても気に入ったのでもっと欲しくなったそうです^^
スウェーデンまで送れないかお問い合わせ頂きました。本当に嬉しい限りです。

43.file-6
GROUNDを見事に掛けこなしています。
43.file1  
クリアフレームのLIGHT、髪色と合って素敵です。
お二人とも、とてもお似合いですね♪♪♪

FLOATを置いてあるお店の方に言われるのですが、
実は海外の方にも多くご購入頂いています。

日本の方は老眼鏡に対して恥ずかしい気持ち、抵抗を強くお持ちですが、
諸外国のほとんどではリーディンググラスを皆さん普通に掛けています。
サングラスもまた同様です。

その差って一体なんだろうと考えたときに、
老けて見られたくない…と言うのが日本の場合大きな要因の一つだとは思いますが、
もう一つの大きな要因として、メガネ、サングラスを普段から掛けている、
掛けていない差ではないだろうかとも思いました。

サングラスさへあまり掛けない日本の方にとって近視の人以外ほとんど眼鏡を身に付けません。
眼鏡をずっと掛けて来なかった人が突然必要になる初めてのメガネが老眼鏡です。
掛けていると違和感や抵抗を強く感じるのもきっとそのせいでもあります。

FLOATは掛けていて違和感が極力でないようにと開発しました。
テンプル(つる)に採用した特殊弾性樹脂は頭を締め付けたりしません。
また3Dによる曲線図面を描くことによって頭に沿うように設計しました。
ノーズパッドにはシリコンを採用し肌馴染みも考慮。
軽くて浮いたような掛け心地、それがFLOATです。

私事ですが、普段からほとんど帽子を被らないので自分って帽子が似合わないと思い込んでいます。
これって多分かぶり慣れていないせいもあると思います。
服も、眼鏡も、帽子も自分が似合っていない、と恥ずかしがっていると
不思議なもので本当に似合いません。

先ずは似合うと自分に言い聞かせて掛けてみてはいかがでしょうか?

老眼は我慢していても眼が疲れるだけです。
そして頭痛、肩こりへとも繋がっていきます。
ずっと我慢していた人にとっては、クリアな視界が蘇り嬉しくなること間違いありません。

あなたの初めてのメガネとしてお役に立てれば幸いです。

トップに戻る